ホーム > 進路・進学指導 > 神大附属の進路相談

進路・進学指導

一人ひとりが強い目的意識を持ち、未来の可能性を広げる。

中高一貫のメリットを最大限に生かし、6年間という時間の中で段階的かつ総合的な進路指導を 実践しています。生徒一人ひとりが強い目的意識を持って将来の道を選択できるよう、 単なる受験や進学を超えた進路指導を心がけています。

[進路指導スケジュール]

進路指導スケジュール

中学1年生からスタートする『人生設計』

本校では、中高一貫教育のメリットを最大限に生かし、6年間という長いスパンの中で段階的かつ総合的な「進路指導」を実践しています。まず、中学1・2年時は保護者有志によるリゾース・ティーチャーを開催。実際の職業に対する イメージを膨らませて一人ひとりが将来の夢を「仕事」というより具体的な形に置き換えていきます。中学3年・高校1年時にはその夢の実現に必要な進路(大学の学部・学科)を考えるため大学の施設見学や体験入学をいち早く実施。そして高校2・3年時はめざす進路に向けての実践的な学習指導とフォローアップを行っていきます。生徒一人ひとりが将来の人生設計をしっかりと構築し、強い目的意識にもとづいて進むべき道を選択できるよう導く本校の「進路指導」は、通常高校3年時に行われる「進学指導」とは明らかに一線を画すものです。

PAGE TOP

全ての学習機会が『自己実現』の糧に

本校が生徒たちに求めているのは「偏差値の高い大学に入ること」ではなく「自己実現のためのベストな選択をすること」です。もちろん、高校3年生の最終段階においては志望校合格へ向けて徹底した学力アップをめざしますが、それもあくまで中学1年生から積み上げたビジョンとモチベーションがあるからこそ意味を持つものです。この考え方は、高校2年生まで選択クラスを設けずに全体教育の中で基礎力の充実をはかる「教科指導」や、中学1年生からの段階的な共通体験を通して高校2・(3)年時の自主的な研究活動に備える「校外学習」と同じです。さらに、生徒が主体的に運営するさまざまな学校行事や活発な部活動も将来のビジョンを創り上げるためには欠かせない要素でしょう。本校の「進路指導」は6年間の一貫したプログラムであると同時に、学校生活に盛り込まれた全ての学習機会が相互に結びつく、きわめて総合的な視点のもとで進められています。

PAGE TOP

学年別講演会

生徒の成長に見合った講演内容で自己を見つめ直し、自身の将来や世界を考えます。

各学年の成長に見合った道徳や進路に関わる内容を、さらには世界的視野をも意識した講演会を学年主催で前期と後期に実施しています。この学年別講演会を通して、心の豊かさ、将来設計、現在の世界との係わりを学び、多角的視座から自信を見つめ直し、生き方の指針を探ります。

先生の言葉に奮い立たされ、支えられ、
受験を乗り切ることができました。

センター試験で思うような結果が出せず、辛くて色々な想いを先生に伝えたことがありました。先生は全てを受け止めて、「あなたなら大丈夫」と優しく声をかけてくれたんです。時には発破をかけられたり、励まされたり。先生の進路相談のおかげで、気持ちを切替えて無事受験を乗り切ることができたと思っています。

2012年度卒業
長崎大学 薬学部 1年
伊藤 有理香
Yurika Ito