教育紹介Education

神大附属の教育

週6日制を取り入れることで、生徒の進路の幅をより広げています

2004年4月より併設型中高一貫校へ移行し、学校週6日制を実施しています。
文武両道をめざす本校生徒たちにとって、週5日制で組まれた教育課程は支障をきたしがちでした。
週6日制によって土曜日を有効に活用したカリキュラムとなり、より充実した授業科目の選択が可能となっています。

神大附属の英語教育について

英単語コンテスト

リーディング・ライティング・スピーキング・リスニングの4技能全ての分野のベースとなる語彙力の育成を目標とし、中1から高3まで年6回のペースで英単語のコンテストを行っています。いつの間にか力がつくと卒業生にも太鼓判を押される本校の伝統あるコンテストです。

英単語コンテスト

JOE(Jindai Online English)

神大附属には専用にカスタマイズされたe-ラーニング・システムがあります。このシステムを使って語彙力・構文力・表現力と共にリスニングの力をつけていきます。中1から高3まで、自分のペースで家庭用PCなどマルチデバイスを利用して英語の授業内容を繰り返して定着を図ることができ、4技能試験に挑戦できる実力を養成するシステムです。高1では授業でも扱います。ポートフォリオ機能があり自分の英語の実力を確認しながら、クイズ・ゲーム感覚の要素もあり、楽しみながら英語力がつくと生徒に大好評です。

JOE(Jindai Online English)

ALTの授業

中1から高1までの4年間は連続してネイティブの先生との英会話の授業(少人数クラス)に臨みます。様々な英語圏出身の先生と日常会話に始まり、プレゼンテーション、そしてTOEIC Bridge® Test対策用にと、スピーキング・リスニング力をつけていきます。そして、あとの2年間の高2、高3ではネイティブと日本人のティームティーチングによる英作文の授業を受けます。内容は英語によるエッセイで、アカデミック・ライティングの手法を学びながら大学受験に通ずる確かな表現力を身につけていきます。中1から高3までの6年を通じ、ネイティブの先生との授業を受けることができます。

ALTの授業

教科エクステンションタイプの海外研修

学校設定科目「国際理解」として、3コースの海外研修があります。その中に英語科が芸術科とコラボして企画した「英国・イタリア海外研修」があります。高1から高2へまたがる1年間ルネッサンスを大テーマに、英語と建築や芸術について生徒は小テーマを設定して問題解決型学習で研究します。フィールドワークとして2週間、フィレンチェ・ローマなどイタリアで芸術のエッセンスを体感し、英国オックスフォードではホームステイし、St. Clare’sカレッジで芸術と英語を学びます。

教科エクステンションタイプの海外研修

英国語学研修

中3と高1で、中世の歴史漂うイングランドの都市ヨーク、世界遺産の街スコットランドの首都エジンバラで2週間の滞在し、語学研修とホームステイを行っています。このプログラムは実践的な英語の習得を目的に設定した、本校が自信をもって推奨する語学研修プログラムです。インターナショナルクラスへ入るので、英語のモチベーションを高めるだけでなく、交流を通してグローバル感覚を身につけることができます。

英国語学研修

Breakthrough English Camp(BEC)

Breakthrough English Camp(BEC)は、英会話を学ぶことを目的とした2泊3日(中3は4日間)の中1〜3を対象とした研修です。ランダムに編成された10人程度のグループに分かれ、外国人の先生による授業を受けます。会話表現をベースとした授業はもちろんのこと、世界の文化を理解したり、ゲームやレクリエーションを通じ、楽しみながら感覚的に英語を学べるところがBECの特徴。授業中だけでなく食事の時間も先生と一緒だから、より日常に近い場面での英会話を体験することができます。“ブレイクスルー”の名のとおり、勢いよく世界の扉をあけ放って飛び出していける生徒を輩出します。

Breakthrough English Camp(BEC)

エンパワーメント・プログラム

本プログラムは高い潜在能力を持つ生徒たちに能力の顕在化を促すことを目標としており、具体的には自分の意見を自信を持って論理的に他者に伝えること、他国の人々と協働しリーダーシップをとること、自分の人生を自身で選択し判断できる生徒を育成することを目指しており、全て英語で行われるプログラムです。中3以上が対象で現在は希望制です。一方的なレクチャーではなく、1人1人が主体となるアクティブラーニングを夏休みの5日間を利用して本校で体験します。

日米の著名大学に在籍する大学生と小人数でのグループを編成して、多くの議題についてディスカッションを繰り返していくことで議論と意見を深めていきます。議題は自身の内面を見つめ直すことと今後のキャリア選択にも有用な「アイデンティティー」、「リーダーシップ」、「幸福とは」などに始まり、「水問題」、「高齢化」、「教育事情」といったグローバルイシューまで多岐に渡ります。

BEC(Break Through English Camp)・エンパワーメント・プログラム

IoT社会を生きる子どもたちにICTとプログラミング

10年後は本当にAI(人工知能)を搭載したロボットが家庭や病院、会社に導入されるのでしょうか?そして、今ある職業がなくなってしまうのでしょうか?それは間違いありません。IoT社会はすぐそこまで来ています。神大附属はこれまでも強い信念を持ってICT教育の推進とプログラミング教育を実施してきました。依然として質・量ともに他校の追随を許さない充実度を誇っています。

その根本にあるのは、ITをワープロや計算ソフトなどの情報を加工する“ツール(道具)”にとどめず、情報をいかに利用し、成果物を創造できる能力を引き出すかという高度な“リテラシー(能力)”ととらえる視点です。高2で実施する、「グループ研究Web制作」はその象徴です。チーム編成から、テーマ設定、問題意識、情報の収集・調査・研究、コンテンツのプランニング・デザイン、HTMLやCSSプログラミング、プレゼンテーションまでを生徒自身で行うプロジェクト型体験学習の内容は、もはや大学レベルと言っても大げさではありません。

生徒たちは自主的な研究活動とグループワークを通して、将来どんな分野に進んでも直面する「モノづくり」に欠かせないプロジェクト思考と協調性、柔軟な発想と表現、そしてIT活用という総合的なリテラシー能力に磨きをかけています。これこそが「21世紀型能力」なのです。

また、本校ではさまざまな教科の授業にも積極的にiPadやPCを活用しています。全教室にWi-Fiと電子黒板が整備され、iPad240台、iMac50台、Windows50台のPC、全生徒にOffice365のアカウント配布、生涯メールの配布、e-ラーニング・システム、など列挙しきれないほどのICT学習環境が整備され、すべての学年、授業で活用されています。
本校のICT教育において、ITの“I”は「情報(Information)」と「知性(Intelligence)」という二つの意味を持つと言っていいでしょう。それはまさに、日々進化を続けるIT環境と新しい情報化社会に即応した“ワンランク上のICT教育”なのです。

ICTを学ぶ1
ICTを学ぶ2

大学受験に対応した「講習」「学校設定科目」「個人塾」

成績上位の生徒のための特進クラスや習熟度別クラス編成は展開していません。入学した生徒全員の学力確保や進学保障をするプログラムを用意しています。

0限・7限講習(中3~高3)

15:40から50分間の英語・数学・国語・地歴公民・理科を中心に講習を実施しています。放課後は部活動という生徒の声に有志の先生が応えて開講しているのが7:30からの0限講習です。なお、テキスト代が必要な場合はありますが、受講は無料としています。

0限・7限講習(中3~高3)

休業中講習(中3~高3)

長期休業中(夏季休業・冬季休業・学年末休業)に英語・数学・国語・地歴公民・理科の講習を100分単位で開講しています。なお、講習期間中の部活動は午後のみになります。

休業中講習(中3~高3)

学校設定科目(高2~高3)

100~110分間の授業時間の中で、大学受験に対応したいわゆる“予備校型”の演習を展開していきます。体育系進学志望者を対象にした体育特講も開講されています。

学校設定科目(高2~高3)

個人塾(高3)

高3では、選択科目の空き時間が出てくることがあります。通常は自習となる時間ですが、この時間を有効に活用したいという生徒のリクエストに応えたのが個人塾です。音大・美大志望の生徒が楽器演奏や創作について教員に個別の指導を依頼したのが始まりで、自分が強化したい科目の教師との個別指導が行われます。

個人塾(高3)

PAGE TOP