ホーム > 教育の特色 > 6年1貫プログラム

教育の特色

3ブロック制完全6年一貫プログラム。

中学1年から高校3年までの6年間を、それぞれ2年ごとに「成長期」「発展期」「飛躍期」の3ブロックに分け、無理のない先取り教育を実施しています。また、前・後期の2学期制、50分授業の導入など、効率の良い学習体制を整えています。

[6年間の学習チャート]

必修カリキュラム

成長期
発展期

進学に向けた演習中心

飛躍期

PAGE TOP

成長期 [中学1・2年→基礎力の完成]

土台となる基礎学力を重視しながら、知力と心をバランス良く育てます。

この時期に大切なのは学校生活と学習の土台作りです。家庭学習の習慣を生活リズムの中に定着させるよう指導し、基礎学力の充実を図ります。さらに英語と数学では、無理のない先取りカリキュラムを実施して学力を向上させます。生徒と教師の温かな人間関係の中で、学びへの意欲や根気も育てます。

教育の特色

学習習慣を身につけさせ、苦手・遅れを見逃しません

自ら勉強する姿勢を養うために最も重要なのは、一人ひとりの「わからない・できない」を解決することです。そのために、理解の遅れがちな生徒や苦手な教科を持つ生徒には特に目を配り、基礎学力定着のための徹底的なフォローをきめ細かく行います。

教員は、常に1対1の気持ちで生徒に向き合います

第1ブロックの担任が集まる教員室は、1・2年生の教室と同じフロアにあります。先生がいつも生徒たちのすぐ近くにいて、1対1の関係で向き合い、親身に見守れる環境を大切にしているからです。距離のない温かな信頼関係を築くことを第一歩に、子供たちの知力と健全な心を育んでいきます。

授業REPORT

寒さに負けず暑さに負けず、年間通じて剣道を共修 - [保健体育]

  • 男女共修で剣道。正座をし、防具をつけたら姿勢を正して黙想。先生に礼、お互いに礼。

  • 面をつけて、打ち込みの稽古。小手打ち、面打ち、胴打ち。男子も女子も凛々しくて元気。

  • 今日習うのは出ばなワザ。心得のある生徒による模範実技に続いて、全員が新しい技にチャレンジ。

  • 太鼓の音に合わせてキビキビ互格稽古。最後に相手に対して礼。正座して黙想。面を取った顔に爽やかな汗。

15分
30分
40分

PAGE TOP

発展期 [中学3・高校1年→応用力の育成]

基礎学力をしっかり身につけ、一人ひとりの可能性をさらに広げます。

生徒活動の中心的存在となるのが中3・高1生です。生徒の学習面での目標は、大学進学への基礎を完成させること。そこで各教科をまんべんなく学びながら、自分のめざすべき方向を見据えることができるよう指導します。また、各自のビジョンを描けるよう様々な体験的学習も用意しています。

教育の特色

センター試験レベルの学力完成をめざします

英語、数学は中学3年から高校課程に入り、高校1年の終わりまでに完成をめざすのは、センター試験レベルの学力です。各教科の基礎力を十分につけ、いよいよスタートする高校2年からの選択科目の学習に備えます。

自分の得意を発見し、進路への意識を高めます

一人ひとりが自分の得意を発見できるように、各科で内容の濃い魅力的な授業を展開していきます。また描き始めた夢を実現させるためには、大学のどの学部・学科に進んだらよいのか、十分な情報を与えて進路への意識を高めます。

授業REPORT

より専門性を求めて! -声と楽器で自己表現- [音楽]

  • まずはみんなで発声練習。腹式呼吸でお腹から声を出す練習。

  • 歌を練習する時、何か楽器を使えば正しい音の高さが取れることがわかった。

  • 各パートで音が取れたら今日はラテン語の歌を唄います。発音がムズカシイ。

  • みんなで「グロリア」をアカペラで唄いました。全員でハモルと気持ちいい!

10分
30分
45分

PAGE TOP

飛躍期 [高校2・3年→進路に応じた実践力の育成]

大学進学から社会人へと継続的に成長できる力を養成します。

目標である大学進学に向けて「総仕上げ」の時期です。そこで、希望進路に合致した選択自由度の高いカリキュラムを用意しています。単に受験のためだけでなく、社会人になってからも必要とされる知識、理解力、思考力を培うことができるカリキュラムとなっています。

教育の特色

ひたすら目標に向かう努力をサポートします

高校2年からは模試を数多く実施しています。これにより到達度を認識し、全国レベルにおける自分の力を把握、努力目標を立てる目安とします。補習・個人指導など、バックアップ体制も万全に整え、生徒の努力をしっかり支えていきます。

オリジナルの時間割が効率的な学習を実践します

高校3年になると、体育以外はほとんどが選択科目になります。生徒たちは進路の方向性に合わせて、自分が学びたい科目を選び、オリジナルの時間割を組んでいきます。したがってこの1年間は、各生徒が自主性に基づき、大学受験にターゲットを絞った効率的な学習を進めていくことになります。

授業REPORT

少人数授業で過去問を解析、受験対策授業で自信満々! - [地理]

  • センター試験の過去問が配られ、生徒たちはすぐに問題に取り組み開始。

  • ひと通り考えたところで、先生のオリジナル解説プリント配付。この日は図表を見て5択から選ぶ問題について着眼点&ポイントを説明。

  • 次にセンター試験の最近の出題傾向から地図の問題をピックアップ。実物投影機や地図を使って解説。

  • 生徒から質問。丁寧な解説で疑問解決!

15分
30分
45分