学校紹介About Us

校歌・シンボル・沿革

校歌

神奈川大学附属中 高等学校 校歌

作詞:栗原 一登

作曲:團 伊玖磨

仰ぎ見ん 友よ わが空

大いなり 富士も遥けく

丘に立てば 夢は未来に

翔けめぐる 若き喜び

君よ われ 君よ ここに学びて

創造の日々を 日々を築かん

風雪の 四季を 耐え来て

光呼ぶ 公孫樹の並木

わが道は 世界に開き

新たなる 時代を招く

君よ われ 君よ 試練を愛し

剛健の姿勢 姿勢正さん

建学の 歴史 讃えて

わが菊よ 久遠に薫れ

歌え われ等 進取の青春を

高らかに 学園 ここに

君よ われ 君よ 友垣堅く

躍進の明日を 明日を求めん

シンボル

くすのき『足を大地に 手を大空に』

移植して15年経った楠が、元気を失いつつあることに気づいたのは生徒たちでした。調べてみると、近くにあった大きな石が根を圧迫し、雨水が根に届く障害となっていることが分かりました。石が取り除かれ、生徒たちに救われた楠は、今再び威風堂々とした姿を取り戻しています。

楠の根元には、こうした由来を知った飯野左和さん(12期生)の「足を大地に 手を大空に」の言葉が、小林有香さん(10期生)の筆により、プレートとして据えられています。

楠の成長を、生徒が育つ姿に重ねたこの言葉は、いつの間にか学校のシンボルとなって親しまれているのです。

沿革

1984年11月19日 認可(開校記念日)
1985年4月1日 男子校として開校
1988年4月1日 男女共学に移行
2004年4月1日 併設型中高一貫校に移行

PAGE TOP