ホーム > 学校紹介 > 校歌・シンボル

学校紹介

校歌

質実剛健 積極進取 中正堅実

PAGE TOP

シンボル

生涯教育の立場

移植して15年経った楠が、元気を失いつつあることに気づいたのは生徒たちでした。調べてみると、近くにあった大きな石が根を圧迫し、雨水が根に届く障害となっていることが分かりました。石が取り除かれ、生徒たちに救われた楠は、今再び威風堂々とした姿を取り戻しています。
楠の根元には、こうした由来を知った飯野左和さん(12期生)の「足を大地に、手を大空に」の言葉が、小林有香さん(10期生)の筆により、プレートとして据えられています。
楠の成長を、生徒が育つ姿に重ねたこの言葉は、いつの間にか学校のシンボルとなって親しまれているのです。

くすのき

PAGE TOP

沿革

1984年11月19日 認可(開校記念日)
1985年4月1日 男子校として開校
1988年4月1日 男女共学に移行
2004年4月1日 併設型中高一貫校に移行